カンラン科の精油

<カンラン科の精油>
「検定テキスト改訂版」から「特徴成分」や「種類」が新たに
加わった精油が結構あります。確認して記憶の訂正をしましょう


<ミルラ>

<学名>Commiphora myrrha(属名)Commiphora(種小名)myrrha
<学名>Commiphora abyssinica(属名)Commiphora(種小名)abyssinica
<科名> カンラン科
<種類> 低木
<抽出部位> 樹脂
<抽出法> 水蒸気蒸留法
<産地> エジプト・モロッコ
<成分> アルデヒド類=クミンアルデヒド
       モノテルペン炭化水素類=リモネン
       モノテルペン炭化水素類=ピネン
       フェノール類=オイゲノール
       
<作用>殺菌作用・抗真菌作用・呼吸器系調節作用・鎮静作用・スキンケア作用

*ミルラは、別名を「没薬」・「マー」といわれ、
新約聖書にフランキンセンスとともにイエス・キリスト誕生の際に
東方の三賢人から献上された香りとして有名です。
ミルラを没薬・マーといった呼び方があります。
同じカンラン科のフランキンセンスの「乳香・オリバナム」や
エゴノキ科のベンゾイン・「安息香」との混同に注意しましょう

またカンラン科の植物の樹脂から抽出しますがエゴノキ科のベンゾインとは異なり
水蒸気蒸留法で抽出します。
学名が2つあることもポイントでしようか。
★成分に関するもので重要なのは、
オイゲノ-ル(フェノール類)クミンアルデヒド(アルデヒド類)は
シソ科のパチュリとの共通成分です。これも大切なので抑えましょう

★ミルラ=カンラン科・樹脂・イエスキリスト
パチュリとの共通成分がキーワードではないでしょうか?

<フランキンセンス>

c0093179_1947675.jpg





<学名>Boswellia carterii(属名)Boswellia(種小名)carterii
<学名>Boswellia thurifera(属名)Boswellia(種小名)thurifera
<科名> カンラン科
<種類> 低木
<抽出部位> 樹脂
<抽出法> 水蒸気蒸留法
<産地> ソマリア・エチオピア
<成分> モノテルペン炭化水素類=αーピネン
       モノテルペン炭化水素類=リモネン
       モノテルペン炭化水素類=p-シメン
       モノテルペンアルコール類=ボルネオール
       
<作用>抗菌作用・呼吸器系調節作用・鎮静作用・スキンケア(収斂)作用

*フランキンセンスは、別名を「乳香」・「オリバナム」といわれ、
新約聖書にミルラとともにイエスキリスト誕生の際に
東方の三賢人から献上された香りとして有名です。
フランキンセンスは乳香・オリバナムです。
またカンラン科の植物の樹脂から抽出しますが、水蒸気蒸留法です
学名が2つあることもポイントでしようか。
フランキンセンス・ミルラ=カンラン科・樹脂・イエスキリストがキーワードではないでしょうか?

アロマテラピーコンプリートブック〈上巻〉
林 伸光 / / BABジャパン出版局
スコア選択: ★★★★★

アロマにもっと精通したい人、資格を取りたい人には必携の書籍です

「AEAJアロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です
http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue/diary/200806260000/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]

by eucalyblue | 2007-04-06 09:03 | 精油学各論

<< エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 >>