タグ:解剖生理学 ( 22 ) タグの人気記事

末梢神経の体性神経

<解剖生理学>

<末梢神経>
中枢神経の(脳・脊髄)を出て体の各部に分布する神経線維の束で
抹消神経は、体性神経と自律神経に大別される
中枢神経は脳・脊髄である
末梢神経
は体性神経と自律神経に大別される

さらに体性神経は脳神経と脊髄神経に大別される。
そして脳神経は12対、脊髄神経は31対でそれぞれ知覚神経、運動神経、
混合神経に分かれる

自律神経は交感神経と副交感神経に大別される

★この部分は本当に大切です。「目でみるからだのメカニズム」をこれでもか~ってほど
よく読みましょう。
★神経線維というのは灰白質ですよね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<体性神経>
動物神経とも言われる。
体の骨組みに分布。迅速・敏感で太く伝達速度の速い有髄神経線維・
運動神経(遠心性)と知覚神経(求心性)など自分でその働きを捉えることができる
意思によってコントロールできる神経である
自律神経線維も含まれる(迷走神経・動眼神経などの副交感性神経繊維も含む)
・知覚神経は抹消から得た情報を中枢に伝達する求心性の知覚神経
・運動神経は対応するための中枢からの指令を末端の骨格筋に伝達する遠心性の運動神経
・両者の混在した混合神経からなる。

*脳神経・脊髄神経ともに抹消の情報を中枢に伝える知覚神経と中枢からの指令を送る運動神経、両者の混合する混合神経からなる。違いは脳から出ているのか?脊髄から出ているのかの違いで最短距離で迅速に働けるようにするためである。このため太くて伝達速度の速い有髄神経線維といわれる。

<体性神経の構造学的分類とは?>
体性神経は脳神経と脊髄神経に分かれる。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<脳神経>
中枢神経である脳から出る12対の抹消神経(体性神経)である。
分布部位は
目=視神経・動眼神経・滑車神経・外転神経
鼻=嗅神経
舌(口)=舌咽神経・舌下神経・顔面神経
耳=内耳神経、迷走神経(外耳道)
顔=三叉神経(顎、眼神経)、顔面神経(表情)、迷走神経(咽頭、喉頭)
首、胸、腹=迷走神経

などがあげられますよね。こうやって考えると簡単です。

<12対の脳神経>
嗅神経(第一脳神経)=知覚神経=匂いの感覚を嗅球(大脳辺縁系にある)に伝える。

視神経(第二脳神経)=知覚神経=網膜に映った映像を外側膝状体に伝える。

動眼神経(第三脳神経)=運動神経=眼球を動かす、まぶたを開く・瞳孔を縮小させる。副交感性神経繊維を含む

滑車神経(第四脳神経)=運動神経=眼球を下外側に動かす。

三叉神経(第五脳神経)=混合神経=脳神経中最も太い眼神経・上顎神経・下顎神経の三枝からなる。顔面の知覚を脳に伝える、咀嚼筋への指令など

外転神経(第六脳神経)=運動神経=眼球を外側に動かす

顔面神経((第七脳神経)=混合神経=表情筋に指令を与える、涙腺・鼻腺・唾液腺の分泌を司る。味覚を中枢に伝える。

内耳神経(第八脳神経)=知覚神経)聴覚・平衡感覚の情報を中枢に伝える。

舌咽神経(第九脳神経)=混合神経)舌、咽頭の知覚を伝える、味覚を伝える、咽頭筋に指令を与える

迷走神経(第十脳神経)=混合神経)延髄からの太い神経、脳神経中最も広い範囲に分布する。咽頭の知覚・運動を支配。
頸部・胸部・腹部の臓器に分布、迷走神経の枝には副交感性神経繊維が混在する

副神経(第十一脳神経)=運動神経=胸鎖乳突筋・僧帽筋へ指令

舌下神経((第十二脳神経)=運動神経=舌の運動を司る


*働きと名前の組み合わせや、
迷走神経・三叉神経などの最も広いや太いなどの特徴のあるものは覚えましょう。
味覚を伝える神経は2つ舌咽神経と顔面神経です。
舌下神経との混同に注意が必要だと感じました。
アロマテラピーと関係の深い嗅神経は第一脳神経ですから絶対覚えましょう

*副交感性神経繊維を含むことも覚えておきましょう
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<脊髄神経>
中枢神経である脊髄の両側に31対ある末梢神経の体性神経である。
脊髄の前根より運動神経線維が後根には知覚神経繊維がある。
両者が合わさったものを混合神経という。

脊柱の区分により、頚髄から出る頸神経8・胸髄から胸神経12・腰髄から腰神経5
仙髄から仙骨神経5・尾髄から尾骨神経1の合計31対に分かれる。
皮膚の区分である皮節(デルマトーム)はどの脊髄神経にカバーされるかで区分される

★脊髄神経は脳神経ほど詳細に覚えるものがありませんが脳神経とともに大切です


新訂 目でみるからだのメカニズム
堺 章 / / 医学書院
スコア選択: ★★★★

アロマのプロフェッショナルの資格を取るなら、ぜひ持っていたほうがいいと思います。
アロマコンプリートブックでは分らない解剖生理学の分野はこれがあればまずばっちりでしょう・・
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]

by eucalyblue | 2007-04-26 10:37 | 解剖生理学

中枢神経の分類と役割

<解剖生理学>

<中枢神経の分類と役割>
中枢神経は、脳と脊髄に分かれる

脳は、大脳(終脳)・小脳・脳幹(間脳・中脳・橋・延髄)に分かれる。
*大脳=終脳です、しばしばこのどちらかで記述されるので混乱しないようにしました。
こんな風に脳っていろいろな呼び方があってますます混乱しますよね

<中枢神経の役割別分類>
大脳新皮質・大脳辺縁系・脳幹・脊髄系に分かれる
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<脳の大別>
終脳(大脳)・間脳・中脳・橋・小脳・延髄に大別される。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<脳の重さ>
成人で1300g、体の中でもっとも重い臓器
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<大脳>
終脳ともいい、左右の半球からなる、終脳は頭蓋腔の80%をしめる。
・左脳は、倫理的思考の中枢
・右脳は、創造的・芸術的能力に関与
・左右の大脳半球を結ぶ部位は脳梁である。
・皮質(灰白質)=神経細胞
 髄質(白質)=神経線維に分かれる

脳梁って書けますか?書ける様にしておきましょう

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<大脳皮質>
大脳新皮質は高等な精神機能をつかさどる・
情報処理を行う、神経細胞で構成される。
色は灰白質で神経細胞の集まりである。
社会の中で生きるための脳。

<大脳辺縁系>
古(旧)皮質のことで本能に基づく情動や、食欲・性欲・記憶などを司る。
嗅球・嗅索・扁桃体・海馬などが含まれる。情動脳とも呼ばれる。
古皮質・大脳核(大脳基底層)とともに構成される。
*大脳辺縁系は大脳旧古皮質・大脳核・海馬・視床下部などから構成される。
灰白質で神経細胞の集まりである
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<大脳髄質と>
情報の伝達を行う、神経線維で構成される。色は白質である。


*白質、灰白質をあわせて外套と呼ぶ。
脳を守る仕組みは、外側から頭蓋・硬膜・クモ膜・軟膜によって守られる。
この硬膜・クモ膜・軟膜は覚えましょう。
白質・灰白質はそれぞれ神経線維と神経細胞です。
この部分は脳と脊髄両方に当てはまります。
脳は外側が灰白質、脊髄は逆に外側が白質でH型の灰白質を包みます
脊髄とは逆なので混乱しないようにしましょう。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<脳幹・脊髄系>
反射・調節機能などの無意識的、不随意的な機能を持つ。
生きていくための脳といわれる。

<脳幹>
間脳・中脳・橋・延髄=脳幹
脳神経の発着場、呼吸・循環などの生命維持に欠かせない器官
知覚情報を大脳皮質への中継
抹消への中継
★副交感神経の中枢は脳幹と仙髄です

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
間脳(視床下部・視床)
自律神経・内分泌系・体内環境の調節(視床・視床下部からなる)知覚情報の中継
視床下部は新陳代謝・体温・水分調整・消化・呼吸・性機能などの
自律神経の最高中枢
★視床と視床下部で間脳というより視床、視床下部、下垂体で間脳です

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
中脳
間脳と橋をつなぐ部分
知覚情報の伝達路の中継、視覚や聴覚の反射に関与
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

左右の小脳半球を連ねる橋に見えるので橋と言う。延髄に様々な中枢が伸びる
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
延髄
脳の最下部・脊髄へと繋がる。橋同様様々な神経の核がある。
呼吸・循環などの生命の基本的な生命活動に関与する。

*脳幹は間脳・中脳・橋・延髄をあわせたものですね。この問題も良く見ます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<小脳>
身体運動のバランスの調節を司る。細かな動きの調節をする。

*脳のことをやっていると、小脳は地味な存在です。脳幹にも含まれず
大脳ほどアロマに関する設問はなく・・でも運動のバランスや平衡感覚
を司る神経としての設問は結構見かけます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<脊髄>
脊髄神経の出入りする器官で「興奮の伝達」「脊髄反射」などの中枢作用を持つ脊柱管の中におさまる40~50Cmの白い小指ほどの器官
延髄から伸び下端が第1~第2腰椎間で伸びる。
脊髄は上から、頚髄・胸髄・腰髄・仙髄の4つに分かれる。
断面はH型の灰白質(神経細胞)取り囲む白質(神経線維)
*大脳皮質とは逆です。
しばしば目にするのが、脊髄反射に関しての設問でした。熱いものに手を触れたときに瞬時に手を引っ込める、膝蓋腱反射(膝がカクンと上がる)抹消血管の収縮など
唾液や涙の分泌、くしゃみなどの脳幹による反射=対光反射との混同をついた問題もあります。脊髄反射、脳幹の反射の違いもポイントです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

新訂 目でみるからだのメカニズム
堺 章 / / 医学書院
スコア選択: ★★★★

アロマのプロフェッショナルの資格を取るなら、ぜひ持っていたほうがいいと思います。
アロマコンプリートブックでは分らない解剖生理学の分野はこれがあればまずばっちりでしょう・・
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]

by eucalyblue | 2007-04-24 14:57 | 解剖生理学