タグ:精油学各論 ( 22 ) タグの人気記事

精油学名の読み方

このブログは
AEAJインスト試験に独学で挑む方のための応援ブログです。

第27回AEAJインスト試験に独学とかで検索されたかた
間違いなく、そうでございます。

AEAJアロマテラピー検定1級に合格されて、さらにステップアップの第27回インスト試験に独学で挑む方におすすめ
「第27AEAJインスト向けEucalyblueオリジナル独学セット」詳細はこちらをクリック!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

長いこと、ほっぽらかしてます。
独学セットの発送、引っ越し準備、子供の学校の行事
インフルエンザの予防接種などなど、なんでしょう?
落ち着きません。
皆様いかがおすごしですか?

私、また風邪ひきましたよ。ええ
先週末ちょっと風邪かな?と思っていたけど
薬飲んで翌日にはすっかり元気になったのに
またぶり返しで3日寝込みました。あ~あ↓

今回の風邪は咳が酷いです。
ユーカリとラベンサラの吸入をしてしのぎつつ
引っ越し準備に追われております。

さて、独学セットをご購入いただいたた方から
こんな質問が来ました。

「精油の学名の読み方を教えて!」というもの。

精油の学名はラテン語、ギリシャ語ですよね。
綴りの問題はあるけれど、私が記憶する限り読み仮名の出題はないし・・
でも絶対出ないとは言えないか?と思って調べてみると。

検定テキストには読み仮名はなしです。

ってことは出ないんだろうけどね。
でも、協会HPにありました。

これが一番わかりやすいかな?と思ったので
悩んでいる方はぜひこちらで確認してくださいね。

AEAJサイトへジャンプします。
http://www.aromakankyo.or.jp/faq/plantname.html


でもね、ここでちょっときになること・・
読み仮名は結局日本語読みだから・・
下手に覚えると綴りをミスってしまう可能性もあります。

例えば
レモングラス
Cymbopogon flexuosus =キンボポゴン・フレクスオスス
*これキンボポゴンって覚えるよりシンボポゴンの方がミスしにくいかな?

なんて思いつつ・・・

ご自分の覚えやすい方法でってことですね。参考までに・・
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です
Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」
[PR]

by eucalyblue | 2010-12-13 12:24 | 精油学各論

勉強内容を整理しましょう!4(精油学各論)


勉強内容を整理しましょう!4は【精油学各論】です。
個別の精油全30種について学習するところ。

30種の精油について、原料植物、精油製造法や成分、特性などについて学習する。
となってます。

・Cananga odorata ・Citrus sinensis ・Matricaria chamomilla
・Anthemis nobilis ・Salvia sclarea ・Citrus paradisi
・Cupressu sempervirens ・Santalum album
・Jasminum grandiflorum(Jasminum officinale)
・Juniperus communis ・Origanum majorana
・Pelargonium graveolens(Pelargonium odoratissimum)
・Melaleuca alternifolia ・Citrus aurantium
・Pogostemon patchouli(Pogostemon cablin)
・Piper nigrum ・Boswellia thurifera(Boswellia carterii)
・Vetiveria zizanioides(Andropogon muricatus)
・Mentha piperita ・Citrus bergamia
・Styrax benzoin(Styrax tonkinensis)
・Commiphora myrrha(Commiphora abyssinica)
・Melissa officinalis ・Eucalyptus globulus
・Lavandula angusitifolia(Lavandula officinalis)
・Citrus limon ・Cymbopogon citratus (Cymbopogon flexuosus )
・Rosa centifolia (Rosa damascena )
・Rosa damascena ・Rosmarinus officinalis




1)精油30種
これは、検定テキスト1級、2級をよく読んで各精油のプロフィールを
確認するのがおすすめ。

2)基本情報
①一般名、②学名、③科名、④種類【草本類、木本類】⑤主産地
⑥抽出部位、⑦精油製造法(抽出法)、⑧主要成分、⑨特徴成分
⑩特性、⑪使用上の注意

*30種の精油について上記の基本情報を学習します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、インスト試験には実際の香りのテストはありませんが、
独学で試験に臨まれる場合はとくに、
30種すべての精油に直接触れることって難しいですよね。
ちゃんと、その香りや植物をイメージできますか?

アロマテラピーインストラクターの資格を取るのに
実際の精油の香りもわからず、その原料植物も見たことないで
試験を受けるのはどうなんだ?

イランイランとか、樹木系はなかなか
お目にかかれないけどさ、探せばあるもんだと思います。
ハーブ園などに行くと、必ずクンクン香りを嗅いでる、変な女は私です。

上野の科学博物館の屋上には、ちょっと珍しいフトモモ科の樹木があったり
(狭いけどね)

愛知の「なばなの里」の裏にはハーブの直売所があって
そこのハーブはちょっといいわよ。珍し系とかもあったわ。
そんでもって安い。

お出かけが大変な方は、楽天のショップにハーブや樹脂をたくさん取扱ってる
ところがあるので、ジャスミンの苗とか、ミルラ樹脂とかで検索して
目で確かめることもできますよ。お財布と相談してGETしてみるのも
おすすめです。

精油だって、検定1級セットとかで小さいボトルで出てますから
もってないものはぜひ、購入して香りを試してみるべし!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そんな私は、マイ精油を整理・収納を極めることにしました。
最近、中の在庫を全然チェックしてなかったので。
きっと劣化したり、揮発したりしてるだろうと・・

c0093179_9421632.jpg













使う精油とほとんど使わない精油ってやっぱり好みで
別れちゃいますよね。

c0093179_9425813.jpg












この精油ケース2個は、三重県で林業の傍ら好きな木材で味のある家具を作る
ちょい、おもろいおっちゃんの作品です。子供の勉強机を依頼した友人に
紹介してもらい、我が家はベッド下の収納引き出しを4つヒノキで作ってもらった
んですよ。すごい気に入ってます。その時にこんなサイズのこんな箱をって
お願いして、作ってもらったのよ。1個は試作品、1個は完成品なんだけど
両方くれました。
もうひとつのちびサイズは、私のお手製です。
ケチだから、100均でGETした木箱を2個組み合わせて
蝶番で固定しただけ、でも十分活用できてます。


ってなわけで、30種の精油とその原料植物
ぜひ、この緑たけなわな時期にお目にかかってくださいね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です
Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」
[PR]

by eucalyblue | 2010-05-17 09:03 | 精油学各論

3月のAEAJインスト試験にむけ4

精油学

モクセイ科の精油(1種)
ジャスミン

モクセイ科のジャスミンのポイント
揮発性有機溶剤抽出法で抽出されるアブソリュートです。
「花精油の王」といわれますね。

学名は
Jusminam grandiflorum
Jusminam officinale

特徴成分はcis-ジャスモン(ラクトン類)
イランイランとの共通成分に酢酸ベンジル(エステル類)があります。

基材論の植物油オリーブ油も同じモクセイ科です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
バンレイシ科の精油(1種)
イランイラン

バンレイシ科のイランイランのポイント
南国の香りといえば、イランイランですよね。
学名は必ず書けるようにしておきましょう。

Cananga odorata
「花の中の花」と言われます。
抽出法は水蒸気蒸留法です。

香りの強い精油なので使用料は少なめにするのがポイントです。

リナロール(モノテルペンアルコール類)、
ゲラニオール(モノテルペンアルコール類)を主成分に持ちます。

余談ですけど、講習会をした時に、イランイランがものすごい人気でした。
私は超苦手なので意外だったことを思い出します。
好き嫌いがはっきり分かれる精油とも言われています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
イネ科の精油(2種)
ベチパー、レモングラス

イネ科の精油のポイント
イネ科の精油2種といえば、アジアの香りでしょうか?
インドっぽい香りですよね。

ベチパー
水蒸気蒸留法で抽出します。抽出部位はです。
これが混乱しやすいようですね。根なので揮発性有機溶剤抽出法としてしまう方がいます。

根の水蒸気蒸留法です。

特徴成分はベチベロール(セスキテルペンアルコール類)
ベチボン、べチべロン、ベチベンとすべてベチがつくのですが
特徴成分はベチベロールです。

学名は
Vechiveria zizanioides
Andropogon muricatus(こっちはテキストにはないので覚えなくていいでしょう)

レモングラス
西インド型、東インド型に分かれます。

どちらも葉の水蒸気蒸留法です。
また特徴成分もシトラール(アルデヒド類)
この成分は昆虫忌避作用として知られます。

学名は
Cymbopogon citratus(西インド型)
Cymbopogon flexuosus(東インド型)

この学名覚えるのがすごく大変でした。◎citratus ×citrausこの間違いが多いみたいです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です


http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue//
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」
[PR]

by eucalyblue | 2010-01-19 08:08 | AEAJインスト試験

3月のAEAJインスト試験にむけ3

ご好評につき再販売中の
「第25回AEAJインスト向けEucalyblueオリジナル独学セット」に関しては
こちらをご覧下さい。


【お知らせ】
1/18現在(17:15)までにいただいているご質問、ご注文メールへは
返信が完了しています。ご確認の上、未着の場合には
ドメインの許可を行ったうえで再度お知らせください。

ドメイン excite.co.jp

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

昨日は家の大掃除をしました。今頃?年末ばたばたしていて
終わらなかったんだよな~

四国はやっぱり西なんだな~
もうはや、黄砂が飛んでますよ。車は真っ白気。
我が家はこの黄砂に弱いんですよね。気管支系が弱いので。
花粉症よりこの黄砂のほうが重大です。

黄砂って花粉よりも粒子が小さいそうな。
鼻の穴のでかい私は毎日掃除機状態に吸いこんでます。
おかげで鼻の中はからからしてるくせに、くしゃみがでる。

目はしょぼしょぼ、頭はぼ~っとしてます。


なんとなく部屋も埃っぽいような気がして
家族総出で雑巾がけしましたよ。いい汗かいた~♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日も精油学続きです。

バラ科(2種)
ローズアブソリュート、ローズオットー

インスト範囲の精油は全30種となってますが、
ローズはローズアブソリュートとローズオットーと
があります。1/30種となっていますが
抽出法が異なる精油として(実はバラ自体にもちがいがあるのだそう)
別々に覚えたほうがいいでしょうか。

バラ科の精油のポイント
バラの花好きで有名なローマ帝国の帝王ネロ皇帝を思い出しましょう。
後は、精油の蒸留法を確立したといわれるイブン・シーナが最初に蒸留したのが
このバラの花だと言われますね。頭の片隅に入れておくといいでしょうか?
大変高価な精油として有名です。「精油の女王」とか呼ばれています。

これは基材論ですが、同じバラ科の植物油にスイートアーモンド油がありますね。
バラ科のスイートアーモンドの種子から抽出されます。

ローズアブソリュート
揮発性有機溶剤抽出法により抽出された芳香成分(精油)ですね。

ローズアブソリュートのポイント

学名はローズオットーと同じ
Rosa dascenan加え
Rosa centifoliaがあります。

どちらも書けるようにしましょう。

そして抽出法は揮発性有機溶剤抽出法です。よってアブソリュートといわれます。

特徴成分がローズオキサイド(オキサイド類)、ダマセノン(ケトン類)。

そして忘れちゃならないのが、芳香族アルコール類のフェニルエチルアルコールです。
これはローズオットーにも微量に含まれるけれど、熱に弱く水蒸気蒸留法では残留しにくく
熱や水分を使わない揮発性有機溶剤抽出法で抽出するローズアブソリュートの主成分となります。

ローズオットー
水蒸気蒸留法で抽出されます。
学名は1つ
Rosa damascenaですね。

特徴成分はダマスコン(ケトン類)です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
キク科の精油(2種)

カモミール・ジャーマン、カモミール・ローマン

キク科の精油のポイント
まず、覚えてほしいのは、種類です。
ジャーマンは一年草、ローマンは多年草です。
抽出法は水蒸気蒸留法。

そして共通成分がカマズレン(セスキテルペン炭化水素類)ですが
特徴成分はそれぞれ異なります。

ジャーマンはカマズレン(セスキテルペン炭化水素類)
ローマンはアンゲリカ酸エステル(エステル類)です。

カモミール・ジャーマン
Matricaria chamomilla
学名も書けるようにしましょう。

カモミール・ジャーマンのポイント
キク科の一年草の花から抽出されます。
30種中、一年草の植物はこのジャーマンのみです。
精油は濃いブルーの色をしています。
主成分はカマズレン、また特徴成分もカマズレン、ローマンとの共通成分もカマズレンですね。

カモミール・ローマン
Anthemis nobilis
学名も書けるようにしましょう。

カモミール・ローマンのポイント
主成分であり、特徴成分であるアンゲリカ酸エステル(エステル類)が成分の
75%以上を占めます。
「地面のリンゴ」(リンゴのような香りがしますよね)
「植物のお医者さん」などといわれます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
フウロソウ科(1種)

ゼラニウム

フウロソウ科のゼラニウム精油のポイント
科名を間違える方が非常に多いように思います。(私も含む)
フ ウ ロ ソ ウ です。
フクロウソウ、フクロソウなどと勘違いしている場合は記憶の訂正をしましょう。
抽出部位も注意が必要です。
ゼラニウムを言うと園芸店などで美しい花を咲かせているのをよく見かけます。
ですが、抽出部位は葉です。
抽出法は水蒸気蒸留法。

また、成分で覚えておきたいのは
ローズとの共通成分です。
シトロネロール(モノテルペンアルコール類)、ゲラニオール(モノテルペンアルコール類)
また特徴成分はゲラニオールです、

このゲラニオールをフェノール類のオイゲノールと勘違いしている方が
多いので気をつけましょう。


つづく 次回は
ジャスミン、イランイラン、ベチパー、レモングラスです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です


http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue//
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」
[PR]

by eucalyblue | 2010-01-16 18:13 | AEAJインスト試験

3月のAEAJインスト試験にむけ2


ご好評につき再販売中の
「第25回AEAJインスト向けEucalyblueオリジナル独学セット」に関しては
こちらをご覧下さい。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「アロマテラピー用語辞典」に関して

アロマテラピー用語辞典はAEAJインストラクター試験の参考図書に
指定されているわけではありません。

とは申しましても、解剖生理学や精油学、健康学など試験範囲となる
用語を調べるにはおすすめの書籍です。
2008年度に会員資格を持っていた方へは
協会からのプレゼントとして郵送されました。←これは間違いないよね。

その後に協会に入会した方はご自分で購入しなくては
ならないようです。(詳細は不明)←2009年に会員になった方は届いてますか?
もし届いてないのでしたら、きっと自分で買うってことですね。

協会のHPで確認して欲しい方は購入してもよいでしょうか。

http://aromakankyo.or.jp/book/index.html
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
精油学

フトモモ科(2種)

ユーカリ、ティートリー

フトモモ科の精油のポイント
いずれも主産地はオーストラリアです。
また共通成分に1,8シネオール(オキサイド類)<いちはちしねおーる>を持ち、
抗菌作用、殺菌作用に優れた精油として有名ですね。

学名はちょい難しいのですが、覚えましょう。
Eucalyptus globulus=ユーカリ
Melaleuca alternifolia=ティートリー

フトモモ科の精油として覚えてほしい他

1,8シネオールを共通成分に持つ精油として
ユーカリ、ティートリーに加え、ローズマリー、ペパーミントも頭に入れましょう。

テルピネン-4-オール(モノテルペンアルコール類)、
γ-テルピネン(モノテルペン炭化水素類)

ティートリーの主成分で、なおかつ、スイートマジョラムとの共通成分としても押さえたい所です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ヒノキ科(2種)

サイプレス、ジュニパーベリー

ヒノキ科精油のポイント
何はともあれ、抽出部位は頭に入れましょう。
サイプレスは葉と果実ジュニパーベリーは果実ですね。
いずれも水蒸気蒸留法で抽出されます。間違えないようにしましょう。

サイプレス
成分の80%以上がモノテルペン炭化水素類です。
このように特筆すべき構成はできるだけ頭に入れましょう。
森林の香(フィトンチッド)でも知られるα-ピネンを主成分にしています。
δ-3-カレンは でるた-3-かれんと読みます。
シータでもベータでもタンジェントでもありません。

ジュニパーベリー

お酒のジンの香りとして知られます。森林の香α-ピネンを主成分に持ちます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
コショウ科(1種)

コショウ科精油といえば、これしかありません。
ブラックペッパーですね。
抽出部位はもちろん果実です。

学名は Piper nigrum

ブラックペッパーのポイント
学名は書けるようにしましょう。加温作用や刺激作用で知られます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ビャクダン科(1種)

サンダルウッド
和名を白檀と言います。扇子やお香の香としても知られます。

サンダルウッドのポイント
抽出部位が芯材(心材)というのは30種の精油の中でこのサンダルウッドのみです。

また、旧約聖書にはシバの女王からソロモン王への贈り物に
乳香、白檀があったという逸話があります。

成分はすべてにサン~とつくのですが、
特徴成分はサンタロール(セスキテルペンアルコール類)
と、サンタレン(セスキテルペン炭化水素類)です。

つづく
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です


http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue//
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」
[PR]

by eucalyblue | 2010-01-15 10:16 | AEAJインスト試験

3月のAEAJインスト試験にむけ


ご好評につき再販売中の
「第25回AEAJインスト向けEucalyblueオリジナル独学セット」に関しては
こちらをご覧下さい。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

毎日とはまいりませんが、試験までちょこちょこ更新していきたいと思います。
まずは、基本中の基本である検定テキスト1級2級から。

復習を兼ねてこつこつと。

★検定テキストはできれば、改訂テキストを持っていたほうがいいですよね。
2008・6・1に
改訂されています、内容も若干変わっています。

検定テキストで押さえたいポイント
インスト試験に臨むということは、すでに1級に合格されているということ、
2級、1級検定の知識は備わっているということ(焦る?)なので

ここでは、検定から一気に飛躍して出題されてくるだろうな~というものをポイントとして
紹介しますね。検定の知識がいまいち?の方はおさらいしてくださいね。(自分で)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

精油のプロフィール全30種

精油プロフィールのポイント
精油のプロフィールに関しては30種類すべてを覚えましょう!
テキストの順番ではちょっと覚えにくいので私は科名別に表を作成しました。

シソ科(7種類)

クラリセージ、ラベンダー、メリッサ、パチュリ、ペパーミント
ローズマリー、スイートマジョラム

シソ科精油のポイント
30種中最も多いのがシソ科の精油です。また馴染みのある精油も多く
学名の記述問題にもたびたび出題されます。

クラリセージ=Salvia sclarea、
ラベンダー=Lavandula officinalis、Lavandula angustifolia
メリッサ=Melissa officinalis
パチュリ=Pogostemon patochouli、Pogostemon cablin
ペパーミント=Mentha piperita
ローズマリー=Rosmarinus officinalis
スイートマジョラム=Origanum majorana

さて、以下はある法則に従ってシソ科の精油をグループ分けしてみました。
なんのグループ別に分けてあるでしょう?考えてみてください。


1.クラリセージ、ラベンダー、メリッサ
ある共通○○を法則に分けています。

2.ラベンダー、ローズマリー、スイートマジョラム
ある共通○○を法則に分けています。

ポイント
シソ科の精油7種はすべて水蒸気蒸留法で抽出されますが
抽出部位はすべて同じではありません。
種類に関しても、クラリセージの二年草なども大切です、ぜひ覚えてください。
メリッサの別名も頭に入れましょう。レモンバームとして有名ですね。

成分
特徴成分も頭に入れましょう。

クラリセージのスクラレオールはホルモン様作用で知られる有名な成分ですね。
またスクラレオールはジテルペンアルコール類としても覚えてください。

ラベンダーのラバンジュロールはモノテルペンアルコール類です。

ペパーミントではl(エル)メントン、l(エル)メントールと紛らわしい成分があるのですが
特徴成分はモノテルペンアルコール類のl(エル)メントールです。
l←1(いち)ではなく、I(アイ)でもなくl(エル)っていうのもね。

パチュリのパチュリアルコールもセスキテルペンアルコール類として押さえましょう。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

カンラン科とエゴノキ科の精油(3種)

カンラン科とエゴノキ科精油のポイント
セットで覚えると効率的ですよね。
新約聖書、イエス・キリストとの逸話にも登場します。
また抽出部位が樹脂であることもポイントです。

カンラン科

ミルラ=マー=没薬、フランキンセンス=オリバナム=乳香

エゴノキ科

ベンゾイン=安息香

ポイント

別名で呼ばれることも多いので和名も必ず覚えましょう。
抽出部位はすべて樹脂であるのですが、抽出法はベンゾインのみ揮発性有機溶剤抽出法です。
ベンゾインレジノイド、ベンゾインREG,と言われますね。

新約聖書では「キリスト誕生」の際に東方の三賢人からの贈り物に
乳香、没薬、黄金があったという逸話が有名です。
没薬はもつやくですよね。ぼつやくではないのでご注意を。

ミルラのクミンアルデヒド(アルデヒド類)と(フェノールオイゲノール類)はシソ科のパチュリとの
共通成分として押さえましょう。

ベンゾインはレジノイドといわれます、またインドネシア産はスマトラベンゾイン
タイ産はシャムベンゾインということも頭の片隅にいれておくといいかも。

スマトラベンゾインの特徴成分はけい皮酸エステル(エステル類)
シャムベンゾインの特報成分は安息香酸エステル(エステル類)です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ミカン科の精油(5種)
ミカン科の精油もおなじみの精油です。
ネロリ、オレンジスイート、レモン、グレープフルーツ、ベルガモット

ミカン科の精油のポイント
すべての学名にCitrusがつきますね。覚えやすい半面混同しやすいので注意しましょう。
抽出部位もある精油を除いてすべて果皮です。またある精油を除いてすべて圧搾法で
抽出されますね。と、いうことは?そのある精油を覚えれば効率的です。
学名の記述問題にもたびたび出題されますよね。

ネロリ=Citrus aurantium
オレンジスイート=Citrus sinensis
レモン=Citrus limon
グレープフルーツ=Citrus paradisi
ベルガモット=Citrus bergamia

光毒性を覚えましょう。
柑橘系精油の果皮から抽出された精油に関係するのが
光毒性(ひかりどくせい)ですね。
ベルガモットのベルガモテン(ラクトン類)、ベルガプテン(ラクトン類)が有名です。覚えましょう。
そのほか出題精油の中で光毒性に注意が必要なのは
レモン、グレープフルーツです。

光毒性とは何か?もし、もし小論文に出ても書ける?
テキスト2級のP25に目を通しましょう。

用語辞典には
皮膚に化学物質が接触しその部位に紫外線が当たることによって
色素沈着や炎症反応などの皮膚刺激反応が起こること。となっています。

ネロリだけ

ネロリは柑橘系精油とはいえ、抽出法は水蒸気蒸留法、抽出部位は花ですね。
そのため光毒性の心配はありませんのね。
ネロリは和名、橙(だいだい)の花から抽出されます。
この果皮はビターオレンジ、葉はプチグレンの精油となりますよね。


つづく
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です


http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue//
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」
[PR]

by eucalyblue | 2010-01-14 09:06 | AEAJインスト試験

AEAJインスト試験まであと26日ですね

カウントダウンする「いやなやつ?」です・・

今日は
精油学各論から

「改訂版テキスト」から
精油の種類に関する記述が増えましたね。

これまでは「木」か「草」だったのに・・
それすら記載が無かったくせに・・
意地悪ですね。

一年草、二年草、多年草
低木、高木と細かに分かれました。

間違えやすいのが

草本類といわれていた「ローズ」が
低木に種類が変わっています。

草本類といわれていた「スイートマジョラム」
低木へと種類が変わっています。

あと、個人的には「フトモモ科」の
ユーカリは「高木」
ティーツリーは「低木」です。
ひっかかりやすいかな?と思います。

クラリセージは「二年草」

ジュニパーはジュニパーベリーに名称変更

特徴成分も指定されたものが多いようですね

私がひっかかりやすかった「特徴成分」は

カモミール・ローマンとカモミール・ジャーマンの共通成分でもある
「カマズレン」です。

これは共通成分ですが、「ジャーマン」の特徴成分で
「ローマン」の特徴成分は「アンゲリカ酸エステル」ですね。

それから、こんな意地悪問題は出ないでしょうけど

サンダルウッド、パチュリ、ベチパー、ペパーミントなどは
似た名前の成分が多く、特徴成分やこの成分は何系?などと
なると分けがわからなくなる可能性がありますね。

サンダルウッドは
「サンタロール」が特徴成分
サンタレン・サンテノンと似た名前の成分で構成されます。

パチュリは
「パチュリアルコール」が特徴成分
パチュレンなども含まれるので間違えないようにしましょう

ベチパーは
「ベチベロール」が特徴成分
べチボン、ベチベロン、べチベンとみな「べチ」がつくので
混乱しますね。

ペパーミントは
「l(エル)メントール」が特徴成分
l(エル)メントン、イソメントンとなります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定のものではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です
http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue/diary/200806260000/
[PR]

by eucalyblue | 2008-09-02 08:29 | AEAJインスト試験

精油の種類について

「精油の種類」が「AEAJ検定テキスト改訂版」から新たに加えられました


精油の種類はAEAJ検定テキストでは「木本類」「草本類」ではなく

★改訂版では「一年草」「二年草」「多年草」「低木」「高木」ととても細かに分類されています。

「ローズ」「スイートマジョラム」は一般的に「草本類」といわれていましたが
 「低木」に指定されています。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「一年草」の精油=カモミール・ジャーマン

「二年草」の精油クラリセージ

「多年草」の精油=ゼラニウム、ペパーミント、カモミール・ローマン、
                    パチュリ、ベチパー、メリッサ、レモングラス

「低木」の精油=ジュニパー・ベリー、ティートリー、ラベンダー、
                  ローズマリー、ジャスミン、スイートマジョラム
                  ブラックペッパー、フランキンセンス、ミルラ
                 ローズアブソリュート、ローズオットー

「高木」の精油=イランイラン、オレンジ・スイート、ユーカリ、レモン、
                  グレープフルーツ、サイプレス、サンダルウッド、ネロリ、
                  ベルガモット、ベンゾイン

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定のものではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「AEAJアロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です
http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue/diary/200806260000/
[PR]

by eucalyblue | 2008-07-19 15:37 | 精油学各論

コショウ科の精油

<コショウ科の精油>

<ブラックペッパー>
c0093179_13185518.jpg





<学名>Piper nigrum
(属名)Piper(種小名)nigrum
<科名> コショウ科
<種類> 低木(検定テキスト改訂版より)
<抽出部位>果実
<抽出法> 水蒸気蒸留法
<産地> インド・マレーシア
<成分> モノテルペン炭化水素類=αーピネン
       モノテルペン炭化水素類=リモネン
       セスキテルペン炭化水素類=ファルネセン
       セスキテルペン炭化水素類=βーカリオフィレン
<作用>引赤作用・強壮作用

*コショウ科の精油でインストの試験範囲精油はブラックペッパーのみです
成分の90%以上が炭化水素類であることがポイントでしょうか
またセスキテルペン炭化水素類のβーカリオフィレン・ファルネセンもポイントです
また刺激の強い精油なので濃度は低濃度からはじめ上限は1%ということも大切です
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定のものではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

アロマテラピーコンプリートブック〈上巻〉
林 伸光 / / BABジャパン出版局
スコア選択: ★★★★★

アロマにもっと精通したい人、資格を取りたい人には必携の書籍です

「AEAJアロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です
http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue/diary/200806260000/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right GADGE「aromaのある生活」
[PR]

by eucalyblue | 2008-03-29 15:37 | 精油学各論

バラ科の精油

<バラ科の精油>
「検定テキスト改訂版」からローズに関する「特徴成分」や「種類」が新たに
加わりました。確認して記憶の訂正をしましょう

<ローズオットー>

<学名>Rosa damascena
(属名)Rosa(種小名)damascena
<科名> バラ科
<種類> 低木(検定テキスト改訂版より)
<抽出部位>花
<抽出法> 水蒸気蒸留法
<産地> ブルガリア・モロッコ
<成分> モノテルペンアルコール類=シトロネロール
       モノテルペンアルコール類=ゲラニオール
       芳香族アルコール類=フェニルエチルアルコール
       ケトン類=ダマスコン(特徴成分)
<作用>緩和作用・高揚作用・ホルモン分泌調整作用・子宮強壮作用

*ローズオットーはダマスクスローズの花から水蒸気蒸留方で抽出されます。
★「精油の女王」といわれます。
★学名は1つのみです。
★ローズアブソリュートとは抽出法が異なるので混乱しないようにしましょう。

★また古代ローマ帝国のネロ皇帝が愛した花として有名です。
ゼラニウムとの共通成分、シトロネロール・ゲラニオールはポイントです

☆芳香族アルコールのフェニルエチルアルコールは
熱に弱く水蒸気蒸留法では抽出の過程で
成分が飛んでしまうために、ローズオットーにはわずかに残る程度です


<ローズアブソリュート>

<学名>Rosa centifolia (属名)Rosa(種小名)centifolia
<学名>Rosa damascena(属名)Rosa(種小名)damascena
<科名> バラ科
<種類> 低木(検定テキスト改訂版より)
<抽出部位>花
<抽出法> 揮発性有機溶剤抽出法
<産地> ブルガリア・モロッコ
<成分> 芳香族アルコール類=フェニルエチルアルコール
       モノテルペンアルコール類=シトロネロール
       モノテルペンアルコール類=ゲラニオール
       モノテルペンアルコール類=ネロール
       オキサイド類=ローズオキサイド(特徴成分)
       ケトン類=ダマセノン(特徴成分)
       
       
<作用>緩和作用・高揚作用・ホルモン分泌調整作用・子宮強壮作用

*ローズabs.ーはローズの花から溶剤抽出法で抽出されます。
アブソリュートといわれます。そのため皮膚刺激に注意することがあげられます。
★学名は二つですから注意しましょう。
★ローズオットーとは抽出法が異なるので混乱しないようにしましょう。
★古代ローマ帝国のネロ皇帝が愛した花として有名です。
ゼラニウムと成分が似ているので掛け合わせ問題なども出るようです。

キーワードは溶剤抽出法・皮膚刺激・ネロ皇帝・主要成分がアルコール類でしょうか
そして、水蒸気蒸留法のローズオットーは抽出の過程で揮発してしまう
芳香族アルコール類のフェニルエチルアルコールを多く含有していることもポイントです
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

アロマテラピーインストラクターになりたい!試験対策チェック本
Harajuku Bee / / 明窓出版
スコア選択: ★★★★
AEAJインストラクター試験の会場で一番周りの方が持っていたのがこれでした。



○×式の簡単なキーワード問題や4択もあり、
試験対策にはぴったりのテキストではないでしょうか・・
問題集とテキスト両方のうまみを1冊に凝縮してあります

「AEAJアロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です
http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue/diary/200806260000/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right GADGE「aromaのある生活」

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]

by eucalyblue | 2007-04-08 15:28 | 精油学各論