AEAJのアロマテラピー(定義・目的・用語)


AEAJアロマテラピーの定義

アロマテラピーとは精油を用いてホリスティックな観点から行う植物療法である。

アロマテラピーの目的
①リラクセーションやリフレッシュに役立てる。
②美と健康を増進する。
③身体や精神の恒常性の維持と促進を図る。
④身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ホリスティックとは
AEAJでのホリスティックの定義は

全体的・包括的という意味で身体に起こった不調をその部分だけの問題として
捉えず心身(全身的)なものとしてアプローチすること

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
AEAJ精油の定義

植物の花・葉・果皮、樹皮、根・種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。
有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。
精油は、各植物によって特有の香りと機能を持ち、アロマテラピーの基本となるものです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<恒常性とは?>
ホメオスターシスとも言われ生体が様々な外部環境の変化に対応し
体液の水分や塩分、浸透圧や酸、塩基や体温などの体内バランスを
一定に保とうとすること

*恒常性の維持には
調節器官は間脳の視床下部や下垂体など
神経系・免疫系・内分泌系の連携により恒常性の維持は行われる
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

AEAJアロマテラピーインストラクターの定義

一般の人々が家庭や地域社会の中で「安全で楽しく豊かなアロマテラピー」
を実践するための必要な知識や方法を専門家として指導できる能力を
認定する資格

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]

by eucalyblue | 2007-08-09 13:48 | アロマテラピーの定義

<< 社団法人日本アロマ環境協会 組織と器官 >>