解剖生理学(内分泌系)

<解剖生理学>

<内分泌系>
ホルモン分泌を介して血液中に放出され受容体を持つ器官へ作用するのが
内分泌系です。

内分泌系を勉強していると、同じような作用を持つホルモンや
相反するような作用を持つホルモンなどがあり、頭が混乱してしまいます。
また名前も覚えにくいですよね。
書物によっても微妙に違うのは外語を日本語読みするので仕方ないのかな・・
でも、あくまでも協会のテキストや「目でみるからだのメカニズム」などの
協会の指定している参考図書を参考にして覚えるようにしましょう

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

作用と分泌器官・標的器官はきちんと整理して覚ましょう

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<作用で見るホルモン>
<乳腺に関係するホルモン>

標的器官は乳腺
プロラクチン   下垂体前葉 乳汁分泌・乳房・乳腺発達(乳腺刺激ホルモン)
オキシトシン   下垂体後葉 乳汁放出(射乳ホルモン)
エストロゲン   卵巣の卵胞   乳腺発達
プロゲステロン  卵巣の黄体   乳腺発達
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<卵巣・子宮に関係するホルモン>

標的器官=卵巣、子宮                           
黄体刺激ホルモン(LH)   下垂体前葉      排卵促進・黄体形成促進
卵胞刺激ホルモン(FSH)  下垂体前葉       卵胞の熟成
黄体ホルモン          卵巣の黄体      子宮内膜増強・子宮筋の調整
卵胞ホルモン          卵巣の卵胞      子宮内膜増強
オキシトシン          下垂体後葉       子宮平滑筋収縮(分娩)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<水分調節に関するホルモン>

標的器官=腎臓
バゾプレシン   下垂体後葉     抗利尿作用・尿量減少   ⇔サイロキシン
Vasopressin
サイロキシン      甲状腺   代謝産物の排泄・尿量増加  ⇔バゾプレシン
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<カルシウム代謝に関するホルモン>

標的器官=全身
カルシトニン      甲状腺     血漿中のCa濃度低下(新骨生)    ⇔パラソルモン
                            (骨からCa放出抑制)
パラソルモン      副甲状腺    血漿中のCa濃度高める        ⇔カルシトニン
              (上皮小体)      (骨からのCa放出)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ナトリウム・カリウムに関するホルモン>

電解質コルチコイド  副腎皮質      腎臓でナトリウム再吸収 ⇔パラソルモン  
                               カリウム排泄
パラソルモン      副甲状腺       カリウム吸収促進   ⇔アルドステロン
                           ナトリウム排出増加 

<血糖値に関するホルモン>

インスリン       膵臓・ランゲルハンス島β細胞   血糖値低下   ⇔グルカゴン
                                              ⇔アドレナリン
                                              ⇔糖質コルチコイド

グルカゴン      膵臓・ランゲルハンス島α細胞    血糖値上昇   ⇔インスリン
アドレナリン
(カテコールアミン)  副腎髄質             血糖値上昇      ⇔インスリン
糖質コルチコイド   副腎皮質             血糖値上昇       ⇔インスリン


<血圧に関係するホルモン>

バゾプレシン    下垂体後葉       血圧上昇 
アドレナリン
(カテコールアミン)  副腎髄質        血圧上昇
ノルアドレナリン
(カテコールアミン)  副腎髄質        血圧上昇

<メラニンに関するホルモン>

メラニン細胞刺激ホルモン  下垂体中葉 メラニン形成促進  ⇔メラトニン
メラトニン             松果体   メラニン形成抑制 ⇔メラニン細胞刺激ホルモン

<眠りに関係するホルモン>

メラトニン   松果体   睡眠の覚醒と眠りを日光に当たることでコントロールする
                サーカディアンリズムの調節 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定のものではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<参考図書>以下の教会指定の参考図書や関連図書を元に勉強した内容です。


新訂 目でみるからだのメカニズム
堺 章 / / 医学書院







アロマテラピーコンプリートブック上巻
林伸光 監修/ライブラ香りの学校 編 
BABジャパン

アロマテラピー検定テキスト 1級・2級
AEAJ発行
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「AEAJアロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です
http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue/diary/200806260000/
[PR]

by eucalyblue | 2007-05-07 11:27 | 解剖生理学

<< 健康学(ホメオスターシス・サー... 内分泌系 >>