解剖生理学(細胞・身体の発生)

<解剖生理学>

<要旨>
基本的な身体の仕組みと働きについて理解し、各器官、各組織が単独に活動するのではなく、巧妙な連携プレによって、外界の変化に対して常に恒常性(ホメオスターシス)を保つよう調節され生命活動を営んでいることを理解する。特に嗅覚の刺激が脳、つまり大脳皮質、大脳辺縁系、視床下部へ影響し、それが自律神経、内分泌系、免疫系に作用する仕組みについて理解する。


<ホメオスターシス>
生体が様々な外部環境の変化に応じて体温・心拍数・血圧などの内部環境を
一定に保とうとする仕組みで恒常性とも言う。

*ホリスティックアロマには恒常性=ホメオスターシスが非常に重要視されるのではないでしょうか?恒常性=ホメオスターシスと来れば空で書けるようにしておきたいものです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<身体の発生>
遺伝子と受精、DNA・染色体・遺伝子・受精・着床・胚子期の理解
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<細胞>
・細胞膜と原形質からなる。
★核・細胞質・細胞小器官・細胞膜
・生物体構成の基本的単位(生物の最小機能単位)
・生命現象を営む最小の機能単位(これ以上分割すると死ぬ)
・人間の体は約60兆個の細胞からなる(出世維持は3兆個)
・約200~300種類の異なった細胞があるが
役割に応じて形大きさも変わるものの基本構造は殆ど変わらない。
★全ての細胞がどのように分化するかはDNAに情報が含まれている
・通常10~30μm、最小は小リンパ球5μm、最大は成熟卵胞200μm
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<原形質>
核と取り囲む細胞質からなる、
核とは核膜・核膜孔・染色質・核小体(仁)
原形質とは核以外の領域
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<細胞小器官>
ゴルジ装置・リボゾーム・ライソゾーム・ミトコンドリア・小胞体・中心体

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<細胞膜>
細胞のうちと外との境、「選択的透過性」を持つ。酸素・二酸化炭素・老廃物の出入りがある。
「物質の出入りの調整」
★細胞内の恒常性の維持
★リン脂質の二重構造です
★鎖状に繋がったタンパク質の糖鎖(レセプター)が外界からの情報の
  受容体として働きます
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ミトコンドリア>
「細胞工場の発電機」糸状体で生命活動に必要なエネルギー源であるATP(アデノシン)の合成をする。「エネルギーの供給」
★ATP産生に重要なビタミンはB群で特にB1
*ミトコンドリアと来れば、ATP(アデノシン三リン酸)の合成です
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<リボゾーム>
「細胞工場の大型工作機械」核から運ばれたRNAに基づいて必要なタンパク質の合成をする。
RNAと協力してタンパク質の合成を行います
*リボゾームと来ればタンパク質の合成です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<小胞体>
「細胞工場の輸送係り」細胞内の物質を速やかに運ぶ役割を持つ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ゴルジ装置>
「細胞工場の貯蔵庫」合成されたタンパク質の貯蔵や輸送に関与する
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ライソゾーム>
「細胞工場の産業廃棄物処理装置」多くの加水分解酵素を含み細胞が外界から取り入れた異物や不要物を消化・分解処理し細胞外に放出する。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<中心体>
「細胞の運動の中心」細胞分裂の際に重要な役割をする。染色体の移動に関与
*精子の尾なども中心体の変化したもの
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<核>
RNAを主成分とする球状の小体、「リボゾームを作るRNA」を合成する核小体
DNAを含む染色質などがある。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<DNA>
デオキシリボ核酸「二重らせん構造」
「遺伝子の情報の伝達・保有をつかさどる」生命活動に必要な酵素、
タンパク質合成のためのアミノ酸配列の暗号も保存する。
デオキシリボソースという5単糖とリン酸・4つの塩基からなる。
4つの塩基は(A)=(T)、(G)=(C)の組み合わせである
(A)=アデニン、(T)=チミン、(G)=グアニン、(C)=シトシン

*4つの塩基の組み合わせがの出題や「二重らせん構造」など
RNAとの混同に注意が必要です。RNAの塩基の組み合わせとの違いを抑えましょう
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<RNA>
「1本の鎖状」DNAの塩基配列のうち必要な情報を核内でコピーしその情報をリボゾームへ送り「アミノ酸」を原料に指定されたタンパク質の合成(リボゾームが行う)が行われる。
4つの塩基は(A)=(U)、(G)=(C)の組み合わせである
(A)=アデニン、(U)=ウラシル、(G)=グアニン、(C)=シトシン

*DNAとの混同問題に注意が必要だとおもいました。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<染色体>
「タンパク質の糸にDNAが巻きついたもの」46本で構成される。
うち44本が常染色体で同じ形のものが2本ずつペアになっている。
残り2本が性染色体は性別を決定する。
男性=XY、女性=XXである。
染色体の情報の半分は母、半分は父から受け継ぐ。

*女性はXXです、男性はXYです。
染色体の常染色体と性染色体の数はそれぞれ44本、2本です

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
新訂 目でみるからだのメカニズム
堺 章 / / 医学書院
スコア選択: ★★★★

アロマのプロフェッショナルの資格を取るなら、ぜひ持っていたほうがいいと思います。
アロマコンプリートブックでは分らない解剖生理学の分野はこれがあればまずばっちりでしょう・・
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]

by eucalyblue | 2007-04-24 12:38 | 解剖生理学

<< 中枢神経の分類と役割 アロマテラピーの歴史 中世ヨー... >>