植物油性基材・12種類

<植物油性基材・12種類>

AEAJインストラクター試験での対象植物油は12種類です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<イブニングプリムローズ油>
一般名 月見草油・イブニングプリムローズ油
分類 植物油脂・乾性油
抽出部位 月見草の種子
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 リノール酸・γーリノレン酸10%(特徴成分)
特性 酸化非常に早い
使用上の注意 他のオイルと混ぜる・ホルモン調整作用・月経トラブルに効果的

*イブニングプリムローズ油(月見草油)は
特徴成分であるγーリノレン酸(三価の不飽和脂肪酸)を10%程度含む植物油です。
★主要成分が多価の不飽和脂肪酸のため非常に酸化しやすい植物油です

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<グレープシード油>
一般名 ぶどう種子油・グレープシード油
分類 植物油脂・乾性油
抽出部位 ぶどうの種子
製造法 圧搾法
主要脂肪酸 リノール酸
特性 酸化早い 特徴成分:ビタミン類の含有が多い
使用上の注意 全身トリートメント向き

*グレープシード油(ぶどう種子油)はビタミン類を含む植物油です。
★乾性油なので酸化が早いく主要成分はリノール酸です
抽出法も圧搾法です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ウィートジャーム油>
一般名 小麦胚芽油・ウィートジャーム油
分類 植物油脂・半乾性油
抽出部位 小麦胚芽
製造法 高温圧搾法 浸出法
主要脂肪酸 リノール酸
特性 酸化やや遅い 特徴成分:ビタミンE(トコフェロール)
使用上の注意 他のオイルと混ぜる・血行促進作用・乾燥肌へのケア
          小麦アレルギーのある場合は使用に注意する

★特徴成分であるビタミンEの抗酸化作用がポイントです。
酸化しやすいリノール酸が主要成分ですが、抗酸化作用のあるビタミンEにより
酸化はやや遅い植物油になります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<セサミ油>
一般名 ゴマ油・セサミ油
分類 植物油脂・半乾性油
抽出部位 ゴマの種子
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 リノール酸・オレイン酸
特性 酸化やや遅い 特徴成分:セサモール・セサミン
使用上の注意 他のオイルと混ぜる・血行促進作用・解毒作用
          敏感肌の場合は使用に注意する

★特徴成分であるセサモールやセサミンを含む植物油です。
抗酸化作用のある成分でもあります。
★セサモールを含むので抗酸化作用や解毒作用がある・・
★インドのアーユルベータ医学では古くからマッサージなどに利用されました。
あのおでこにツーツーごま油を垂らす「シロダーラ」ってやつです・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<スイートアーモンド油>
一般名 スイートアーモンド油
分類 植物油脂・半乾性油
抽出部位 スイートアーモンドの種子
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 オレイン酸
特性 酸化やや遅い 特徴成分:ビタミン類
使用上の注意 皮膚軟化作用・疲労回復作用・全身トリートメント

★一価(単価)不飽和脂肪酸であるオレイン酸が主要成分です。
★保存性もよく、使いやすいオイルとして全身マッサージにも使用できる
★Babyマッサージにも使われます
★スイートアーモンド油はバラ科のスイートアーモンドの種子から抽出されます
このバラ科っていうのは覚えておきましょう
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<アボガド油>
一般名 ワニナシ油・アボガド油
分類 植物油脂 不乾性油
抽出部位 アボガドの果肉
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 オレイン酸
特性 酸化遅い 特徴成分:ビタミン類
使用上の注意 他のオイルと混ぜる・乾燥肌へのケア
       
★粘性もあり薄い緑色でもあります。
★オリーブ油と同じ果肉から抽出される

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<オリーブ油>
一般名 オリーブ油
分類 植物油脂 不乾性油
抽出部位 オリーブの果肉
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 オレイン酸
特性 酸化遅い 特徴成分:ビタミンE(トコフェロール)
使用上の注意 他のオイルと混ぜる
       
★果肉が抽出部位である
★ビタミンEを含むので抗酸化作用がある
★オリーブ油はモクセイ科の植物油です。

植物スクワランはこのオリーブ油を精製したオリーブスクワレンに水素を添加した
飽和炭化水素です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<カメリア油>
一般名 椿油・カメリア油
分類 植物油脂 不乾性油
抽出部位 椿の種子
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 オレイン酸
特性 酸化遅い 日本の大島産椿が最高級品といわれる
使用上の注意 皮膚軟化作用・へアケア

★ヘアケアなどに古くから使われる
★一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が主要成分です。
★カメリア油は椿油です

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<マカデミアナッツ油>
一般名 マカデミアナッツ油
分類 植物油脂 不乾性油
抽出部位 マカデミアナッツの【種子】
硬果が一般的でしたが、テキストでは種子となりました。

製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 オレイン酸
特性 酸化遅い 特徴成分:パルミトレイン酸20%
使用上の注意 老化肌へのケア・全身トリートメント向け

★若者の皮脂に大変近いパルミトレイン酸が特徴成分であるので老化肌のケアによい
★一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が主要成分であり、特徴成分であるパルミトレイン酸も
一価不飽和脂肪酸です。
★保存性の良い植物油でもあります。
★ヤマモガシ科の種子から抽出します

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ココナッツ油>
一般名 ココナッツ油(ヤシ油)
分類  植物脂
抽出部位 ココナッツの果肉
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 ラウリン酸(飽和脂肪酸)
特性 酸化遅い 常温では固体
使用上の注意 サンケアやヘアケアに使われる

★乾性油でも不乾性油でも半乾性油でもありませんね。植物脂です
★常温で固体です。酸化が遅いこともポイントです・・
★飽和脂肪酸のラウリン酸が主要成分で約80%をしめます。
★二重結合を持たない飽和脂肪酸が主成分なので酸化も遅いのですね

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ホホバ油>
一般名 ホホバ油
分類 植物ロウ(液体ワックス)  
抽出部位 ホホバの種子
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 ロウエステル

特性 酸化遅い 
使用上の注意 保湿作用・全身トリートメント

★乾性油でも不乾性油でも半乾性油でもありませんね。植物ロウです
植物ロウは高級不飽和脂肪酸と高級不飽和アルコールがエステル結合したものです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<植物性スクワラン>
一般名 オリーブスクワラン・植物性スクワラン
分類 飽和炭化水素
抽出部位 オリーブ油
製造法 スクワレンに水素を添加する
スクワレンとは?=オリーブオイルから蒸留されるスクワレンのこと)
主要脂肪酸 飽和炭化水素
特性 酸化遅い 
使用上の注意 浸透性がよい・保湿作用

★乾性油でも不乾性油でも半乾性油でもありませんね。飽和炭化水素です
★酸化が遅いこともポイントです・・
★スクワレンに水素を添加して作られます。添加するのは水素です。
窒素や炭素ではありませんここポイントです。
スクワレンとスクワランが逆になってしまわないようにしたほうがよいのでは?


アロマセラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典
レン プライス / / 東京堂出版
スコア選択:

AEAJアロマテラピーインストラクター試験参考図書

「AEAJアロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です
http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue/diary/200806260000/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]

by eucalyblue | 2007-04-11 14:18 | 基材論

<< その他の基材 植物油 基材論 >>