植物油 基材論

<植物性油脂>

「油脂」
*3つの脂肪酸と1つのグリセリンすなわちトリグリセリドのことであり
動物・植物から抽出される脂肪酸の総称である。

油脂とは?と来たらこれを空で書けるようにしておきましょう
脂肪酸は3つグリセリンが1つです


常温で液状の物=油(Oil)
常温で固体状の物=脂((Fat)

*基材論には植物油性基材の油脂として脂肪酸のことが出ます
健康学の栄養の脂質の部分や健康学の疾患にも大いに関係する
飽和脂肪酸や不飽和脂肪酸はしっかりと覚えましょう
平行して覚えることでどちらもより分かりやすくなるでしょう

「分類」
<植物油脂とは?>
3つの脂肪酸と1つのグリセリンすなわちトリグリセリドのことであり、
植物から抽出される脂肪酸である。

<脂肪酸の定義とは?>
植物油脂の主成分・鎖状に並んだ炭素骨格を持つモノカルボン酸の総称
*モノカルボン酸は精油学総論の官能基に出てきますが精油にはほとんどなく
植物油につく官能基であると覚えましょう

<飽和脂肪酸とは?>
脂肪酸の中でも炭素原子すべての腕が1本ずつ他の原子と飽和結合結しているもの

飽和状態で結合しているので酸化しにくいことが特徴です
主に動物性の油脂に含まれます
「酸化しにくく」「常温では固体」であることが多い。固い脂肪と言われる。

ラウリン酸・ミリスチン酸・パルミチン酸・ステアリン酸の4つ(ラミパスと覚えましょう)

*飽和脂肪酸で基材論に関係するのは
「ココナッツ油」(飽和脂肪酸80%以上)。
ココナッツ油は飽和脂肪酸であり、植物脂、常温で固体などがキーワードですね。

<不飽和脂肪酸とは?>
脂肪酸のなかでも炭素原子同士が2本の腕で不飽和結合しているもの
(二重結合しているもの)
不飽和結合なのでその結合が取れやすくそのため酸化しやすい脂肪酸です
おもに植物性の油脂に多く含まれます
「酸化しやすく」「常温では液体」である。

<一価(単価)不飽和脂肪酸とは?>
二重結合が1個の場合が一価不飽和脂肪酸である
オレイン酸やパルミトレイン酸などがあり。
マカデミアナッツ油、オリーブ油などに含まれる。
その他。ヘット・ラードなどがある

*オレイン酸を含むキャリアオイルなどは設問しやすいでしょうか。
このほか、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は多価ではないので
必須脂肪酸ではありません。
不飽和脂肪酸=必須脂肪酸ではなく
、多価不飽和脂肪酸が必須脂肪酸ですよね
オレイン酸は不飽和脂肪酸ですが必須脂肪酸ではありません。

<多価不飽和脂肪酸とは?>
2つ以上の二重結合を持つものを多価不飽和脂肪酸といい、リノール酸・リノレン酸・アラキドン酸・EPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)などがあります。

*健康学の分野ですが
EPA・DHAの正式名称は覚えましょう。
またαーリノレン酸→EPA→DHAと変換されます

<リノール酸とは?>
2重結合を2つ持つ脂肪酸である。
必須脂肪酸の1つで皮膚や循環器系・細胞・ホルモンバランス・免疫系などに作用する。
初めに見つかった必須脂肪酸である。半乾性油・乾性油の主成分である。

*リノール酸を含むキャリアオイルを選ぶ問題を目にします。
体内で合成できないので食品から摂取する必要のある脂肪酸です。
グレープシード油・セサミ油など
リノール酸の最終変換の脂肪酸はアラキドン酸です。
リノール酸→γーリノレン酸→ジホモγーリノレン酸→アラキドン酸です。

<リノレン酸とは?>
必須脂肪酸のひとつで3個の二重結合を含む多価不飽和脂肪酸である。
抗炎症作用・鎮痛作用・細胞修復作用に関わる。
αーリノレン酸、γーリノレン酸がある。

*リノレン酸は3個の二重結合・多価不飽和脂肪酸・抗炎症作用
体内で合成できないので食品から摂取する必要のある脂肪酸です。

<アラキドン酸とは?>
必須脂肪酸のひとつで多価不飽和脂肪酸である。レバーや卵に含まれる。
神経系・免疫系・生殖器系・情報伝達などに関わる。過剰摂取はアレルギーの原因ともなる。

*アラキドン酸はリノール酸の最終変換物質である
また体内では合成はされるものの食物から摂取したほうが
効率のよい必須脂肪酸でもあります。

<DHAとは?>
正式名称はえ「ドコサヘキサエン酸」です。必須脂肪酸のひとつで多価不飽和脂肪酸である。魚油に含まれ血液さらさら効果などに加え脳や神経に働きかける。

*正式名称をかけるようにすることと、アラキドン酸同様、体内で合成はされるものの食品からの摂取のほうが効率がよい必須脂肪酸です。EPAと対にして覚えるほがいいでしょうか・・

<EPAとは?>
正式名称は「エイコサペンタエン酸」「イコサペンタエン酸」です。魚油に含まれDHA同様に血液さらさら効果で知られます。

*アラキドン酸同様、体内で合成はされるものの食品からの摂取のほうが効率がよい必須脂肪酸です。DHAと対にして覚えるほがいいでしょうか・・


アロマセラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典
レン プライス / / 東京堂出版
スコア選択:

AEAJアロマテラピーインストラクター試験参考図書
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]

by eucalyblue | 2007-04-08 20:54 | 基材論

<< 植物油性基材・12種類 バラ科の精油 >>