さてどっち?

このブログは
AEAJインスト試験に独学で挑む方のための応援ブログです。

第27回AEAJインスト試験に独学とかで検索されたかた
間違いなく、そうでございます。


第27回インスト試験に独学で挑む方におすすめ
「第27AEAJインスト向けEucalyblueオリジナル独学セット」詳細はこちらをクリック!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



先日、独学セットをご購入いただいた方から
こんな質問(ご指摘)がありました。

トーマス・ジョンソンにより増補され
多くの新大陸への移住者とともに新大陸を渡った、
「広範囲の本草学書」を著した人物は
ジョン・パーキンソンである。


と、私のセットや、用語辞典にありますが、


コンプリートブックには、
ジョン・ジェラードが著した
「本草あるいは一般の植物誌」は後にトーマス・ジョンソン
により増補され多くの新大陸への移住者とともに大西洋を渡った。
となっています。
*ちなみに私のコンプリートブックは第2版2005年8月のものです。

さて、これはどちらが正しいのか?
はたまた、両方がトーマス・ジョンソンにより増補され新大陸移住者の
バイブルとなったのか?というものです。


*ご存じのとおり、「コンプリートブック」は
参考図書ではありません。

なので、本番でこれがでたら
解答は
ジョン・パーキンソン」「広範囲の本草学書」とするべきなんでしょう。
協会がそう言ってるしね。

*用語辞典の正誤表(協会HP)にもこれに関しての正誤の記載は
 一切ありません。


実は、私は独学中、これと同じ勘違い?をしてました。

コンプリートブックの内容で覚えていたんですね。
独学中のノートもそうなってます。
さらに、独学セットの古いのではそれが正解として設問していました。

この時は、用語辞典がなかったしね。

ところが、あるとき自分のノートと用語辞典の矛盾に気が付き
調べてみたわけです。

すると・・

なかなかないのね。AEAJインスト専門のサイトさんを覗いても
確信が持てるものがなくて(結局みている参考図書や書籍が同じなんでしょう)

で、WIKIで調べてみました。ええ暇人です。

まず、英語なんですよ。ええ一応英文科ですけどね。ええ
はっきりって、途中で挫折しました。はい。

この手の翻訳って異常に難しいです。
そもそもトーマス・ジョンソンって人物がやたら多くてね。

どれがこのトーマスなのか?を探すのでかなり疲れちゃいました。
ええ、そうです。乏しい英語力です。はい。

ようやくたどり着いたら、読んでる途中で頭痛くなりました。
英文科の頃、授業中に長文をしていて頭痛がしたことを思い出しました。

で、仕方なく、自動的に翻訳したページでみたけどね。
そう、機械がしてるからさ。意味不明でした。何書いてるのか?不明です。
はい、笑えるほど。

【本当はジェラード?疑惑】
実は昔調べた時に、分かったのがね。
英語版のWIKIでは
トーマスの著書はジェラードとの
関連を書いたものが多いのです。
←それだけかよ?

英語なので私も拾い読み(しかもかなりあやふや)
状態でみていても、あ!もしかして、ジェラードじゃね?と思うんですよ。

トーマス・ジョンソンのページにしっかり
ジョン・ジェラードとのことが記載されてるんですよ。
なので、トミー(友達かよ?)がジョンの書籍を増補したって方が説得力ありです。

*結局、結論としてね。

どっちも、大西洋を渡っただろうね。と思います。


大切なのは、両書籍とも
トーマス・ジョンソンによって増補されたか?

それは結局わからなかったのです。っていうか途中で挫折しました。ええ

新大陸への移住者によって携えれらた書籍は
ジョン・パーキンソンの「広範囲の本草学書」

協会が言ってる方で解答しましょう。
トーマス・ジョンソンが増補したのは
ジョン・パーキンソンの「広範囲の本草学書」って言いきっているわけです。
ええ

ちなみに、英語はまかせて!と言う方
チャレンジしてみてください。お願いします。
以下リンクをクリックするとWIKIへ飛びます。

【トーマス・ジョンソン】Johnson's worksのところを参照してください。
http://en.wikipedia.org/wiki/Thomas_Johnson_(botanist)

【ジョン・ジェラード】
http://en.wikipedia.org/wiki/John_Gerard

【ジョン・パーキンソン】
http://en.wikipedia.org/wiki/John_Parkinson_%28botanist%29

ここで、3人のジョンが絡みますね。
「ジョン・ジョン・ジョン」です。犬の名前かよ?と思うのは
私だけでしょうか?関係ないですね。


そしてどなたか、英語ばっちりなかた情報をいただけると幸いでございます。
HELP ME!PLEASE. (T_T)

"YES! YOU CAN!” 

”V(^_^)V”
ピースサインぴくぴくです。
 
(オバマかよ?)
c0093179_947624.jpg











:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です
Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」
[PR]

by eucalyblue | 2010-11-19 19:49 | AEAJインスト試験

<< 第27回AEAJインストラクタ... 神様は不公平? >>