精油の化学「一から学ぶ精油の構造式」

会報誌No57が来ましたね。

ペラペラとページをめくっていて
お!これは!というのを見つけました。

私は
独学でインストラクター試験に臨むことにしたとき

精油の化学でかなり手こずりました。
もっと化学をまじめに勉強しとけばよかった。
と後悔したもんです。

インストの精油学の中でもこの『精油の化学』って
検定テキストには全く詳しく出てないし、
当時は用語辞典も無かったし。

『コンプリートブック』と『精油の中の分子の素顔』
を見て覚えましたが参考図書じゃないしね。

その後
協会から出た用語辞典の説明も
なんだか?今一つピンとこないって気がします。

なんだよ~もっと早く出してよ~と思ったのが
会報誌No57
P46~47「一から学ぶ精油の構造式」です。みてみて。

特におすすめが、P47の表です。
【族(~類)】と【官能基】、【特性】、おまけに【化学式】に【主な成分】
まで出てて
【その成分を含む精油】まで載っている!
勉強するのにいいじゃない?


このページは独学の方には強い味方になりそうですよ。

ぜひ、参考にしてください。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です
Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」
[PR]

by eucalyblue | 2010-09-30 19:05 | 精油学総論

<< 発送しました。 亀太郎・亀次郎改め? >>