嗅覚と精神作用、生理作用の関係


嗅覚と精神作用、生理作用の関係

香り成分と精神作用
においが精神に影響を与えること

嗅覚からの精神への作用
【においの精神作用】
におい成分が大脳辺縁系へダイレクトに働きかける性質がある。
良い香りを嗅ぐことはリラックスやリフレッシュを促進し
精神を安定させる効果や賦活する効果がある。
においによって古い記憶と呼び起こしたり、ある感覚が
よみがえるのは、香りの作用経路が記憶や情動と関連の深い
大脳辺縁系に直接働きかけるためである。

生理作用
【においの生理作用】
においにより、身体各部に影響を与える作用。
嗅覚からの作用経路は大脳辺縁系から、自律神経系の最高中枢である
視床下部へ働きかけ、自律神経系、内分泌系(下垂体)、免疫系にも
影響を与える。

*アロマテラピーにおける、においの作用には
精油成分が脳の神経細胞から放出される神経伝達物質の
放出に関わるからではないかと考えらているからである。

*精油成分は、神経伝達物質の放出に関わること、
また、ある種のホルモンと似た構造を持つものなどもあり
ホルモン様作用などを持つためではないかと言われている。


また免疫力を高める作用なども知られ、リラックス作用や
リフレッシュなどによりストレスマネージメントを行うことで
恒常性の維持機能を高めることもできる。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です
Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」
[PR]

by eucalyblue | 2008-05-25 11:41 | 解剖生理学

<< 協会発表の参考図書(追記あり) 脳の構造、ストレスとの関連、ホ... >>