やっぱり今日もA

まずは・・

試験本番に向けて
何かと不安なことがあるかと思います。

そんな独学の方へ
kite-mi2さんのブログ
「マンネンロウ日記 本館」で当日の対策を紹介してくださっています。
参考にさせてもらいましょう!
http://kite-mi2.at.webry.info/200909/article_1.html


さて今日はさっくりとAの続きです。

【免疫グロブリンA(IgA)】

B細胞より分化した形質細胞により産生される免疫グロブリンの1つ。
免疫グロブリン全体の10~15%をしめる。
唾液、母乳などに含まれ乳幼児の感染予防に働く。

【anafirakicy(アナフィラキシーショック)】

即時型過敏反応Ⅰ型アレルギーの急性で広範囲にわたるもの。
呼吸困難、全身紅潮、血管浮腫、蕁麻疹など
生命を脅かすほど重症化することもある。
アレルゲンには
そば、ペニシリン、蜂などがよく知られる。

【adrenaline(アドレナリン)】

副腎髄質ホルモンであるカテコールアミンの一種。
神経伝達物質として作用する。(交感神経の神経伝達物質である)

交感神経が優位にたつと分泌される。
血糖値上昇、血圧や心拍上昇作用をもつ。

★アドレナリンが体中を駆け巡る~~ってよく言いますよね。

【apocrine gland (アポクリン腺)】

大汗腺のことである。
思春期に急速に発達する。
脇の下、外陰部、乳首、外耳道などの特定の部位に分布する。
毛包上部に開口。
独特の臭気をもつ汗を産生する。
★ワキガはこのアポクリン腺せいですよね。


さて・・またAを探します。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。
「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です


http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue//
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」
[PR]

by eucalyblue | 2009-09-08 19:01 | AEAJインスト試験

<< まだまだA そして今日もA >>